浅野毅 official website | 201707 single Special contents

「BOYS' MAGAZINE / deli delicate」に寄せて

浅野毅と歌うヴォルケーノのニューシングル「BOYS' MAGAZINE / deli delicate」について、仲間と先輩たちにコメントをいただきました。(順不同・敬称略)

山田好転(水、走る) [web]

極彩色からの滑落
道で綴る背景は無色透明のようでいて
人の温度に触れると変色して
生きる糧になる。

秋山紘希(homme) [web]

見るたび聴くたびにカッコよさを'確実に'更新していく浅野毅の新譜、やっぱり'確実に'更新されました。ほんまかっこええ。

夜のドライブで永遠に流しときたいなって思った。
2曲しか入ってないけど、この2曲だけでどこまででも走れるわ。

ほんまかっこええ。

宮地慧(memento森) [web]

終わりかけた盤にもう一度頭から針を落とせ。
JAZZもPUNKもBLUESもやられてからが面白い。
ノーモーションで打ち込むカウンターパンチ。
この男、知らんかったでは済まされない。

星ひでき(ロボトミートロボ) [web]

アホ程沢山のルーツやバックボーンを削ぎ落としまくって研ぎまくって出来上がったセクシーの塊みたいな2曲。

ア・・アルバム並みに
サ・・最高な満足度
ノ・・ノスタルジックかつ
タ・・タイトな音楽
ケ・・けんだまみたいな
シ・・シングルです

たかぎしゆか [twitter]

否応無く音像の世界(少なくとも日本ではない)に飛ばされる音楽だなといつも思う。それはバンドの音も勿論だけど浅野さんの歌の占める割合が大きいとも。

本当の悪党を懲らしめるかっこいい悪党の物語の主題歌に、エンドロールに、使われるべきでは?と勝手ながら思っています。

ワンダー久道(スキッツォイドマン) [web]

俺の知る限り、地上の女を魅了できる数少ないセクシャルボイス。

その名は浅野毅。

気をつけろ。色を知りつくしたその「音」は必ずあなたを虜にする。

章太郎(ララヨウナ) [web]

触音され両耳塞いだメロディが脈打ち潤おい
心に届いてく。
言葉に込めた選択肢は
聞く人の深層に問いかけ
自由を奪う事なく愛撫する。
名刺変わりにこの音どうぞの始まりが
浅野毅という確信犯に
洗脳されてみたいと思ってしまう。

ナイルパーチ富樫(Heartful★Funks) [web]

薄暗い部屋でキラキラとミラーボールが回っているような。10代の頃からのロック仲間が未だに刺激をくれ、踊らせてくれる。浅野毅のロックは止まらない。

葉山久瑠実 [web]

イヤホンから少しだけ早く季節が流れ込んできた。あまりにみずみずしい音をしていたから‥。照りつける朝から物悲しい夜まで、どの瞬間に再生してもこの2曲は絶対間違いない。夏を良いものにしたいのなら少しでも早く手に入れたほうがいい。

2017.07.06(木) 梅田シャングリラ
浅野毅と歌うヴォルケーノ new single release party
『TREMOLO Ch.』

浅野毅と歌うヴォルケーノ / 葉山久瑠美

open 18:30 / start 19:00
adv ¥2500 / door ¥3000 (+別途Drink代)
→ チケット予約フォームを開く

ニューシングル「BOYS' MAGAZINE / deli delicate」はこの日から発売です。
そしてツーマンですのでもちろんロングセットです。
(なお、この日をもって山本浩之(drums)のサポートが終了となります)